東京三菱、顧客情報5万件を紛失・UFJは7万件

NIKKEI NET(2005.09.15)

東京三菱銀行は15日、99店で約5万1000人分の顧客情報を紛失していることが判明したと発表した。
内部管理資料を薄くて小さなフィルム状の媒体に微細文字で焼き付けた「コムフィッシュ」の保管状況を調査してわかった。
紛失した資料に含まれていた顧客情報は顧客名、口座番号、預金残高など。
 誤って廃棄した可能性が高く、外部への情報の漏洩(ろうえい)懸念は極めて低いとしている。

 また、UFJ銀行もコムフィッシュの一部紛失を発表。
 約7万1000人分の顧客情報を紛失したとしている。
 同行も不正に持ち出された形跡は認められないことから、行内で誤って廃棄した可能性が高いとしている。

      ・・・・・誤って破棄した?なぜ、誤って破棄するのだ?・・・・・
[PR]
by nqk52550 | 2005-09-15 17:11