1万円札の精巧ホログラム偽造、40歳男を再逮捕へ

読売新聞(2005.09.16)

 大阪府警は、阪神高速道路の回数券を偽造したとして逮捕、起訴された住所不定、土木作業員橋本守生被告(40)(有価証券偽造罪などで起訴)を近く、通貨偽造容疑で再逮捕する。

 調べによると、橋本被告は、海外の高精度の特殊カラープリンターを取り寄せ、偽造防止用に新紙幣から導入された「ホログラム」まで偽造した偽札を作った疑いが持たれている。
 橋本被告は、今年2月から3月にかけて「新1万円札数十枚を偽造し、密売した」と供述しているという。

 ホログラムは見る角度によって色や模様が複雑に変化する。
 府警によると、新紙幣の偽札はホログラム部分がシールで偽装されたものが大半で、精密に印刷されたケースは異例だという。

      ・・・・・日本銀行は大丈夫か?・・・・・
[PR]
by nqk52550 | 2005-09-16 10:36