下野新聞(2005.09.13)

 一時国有化された足利銀行の2001年3月期の粉飾決算(違法配当)問題で、同行の内部調査委員会(委員長・春日寛弁護士)は、会計監査をしていた中央青山監査法人(東京都千代田区)について「粉飾に積極的に加担した」として賠償責任があると新たに認定、同行が中央青山に損害賠償を求め、週内にも提訴することが下野新聞社の調べで分かった。
 既に提訴済みの旧経営陣らと連帯して11億円の支払いを求める。
 同調査委は近く同行に追加報告書を提出する。
 破たんした金融機関をめぐり監査法人が法的責任を追及されるのは初めてで、監査法人の在り方が問われるのは必至だ。

 2001年3月期決算は93億円の黒字で、169億円の配当可能利益から11億円を国や地元企業など優先株主に配当した。
 中央青山は、この決算を「適正」とした監査報告書を出している。

 しかし同調査委は今年2月に提出した最初の報告書で、旧経営陣が繰り延べ税金資産を過大に210億円計上し、さらに個別貸倒引当金を過少に368億円計上した違法行為を指摘。
 「実際には配当可能利益は全くなく、商法違反(違法配当)に当たる」とした。

 特に、将来の課税所得の黒字を見込まないと計上できない繰り延べ税金資産の算出方法で、「日経平均株価は5年間上昇し続ける」と想定。
 2001年9月は15000円、今年9月には25000円になると予測し、これを基に「保有株を売却すれば840億円の利益が出る」として、課税所得の黒字の根拠としていた。
 だが、実際の株価は7000-1万数千円台で低迷した。

 同調査委はその後も、粉飾決算に中央青山がどう関与したのかを詳しく調査。
 今月新たにまとめた追加報告書で、中央青山は違法配当につながる行為を「認識していた、もしくは認識でき、資産の架空計上は商法に違反する」と認定した。

     ・・・・・会計監査とはなんだろう?・・・・・
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-13 17:54
読売新聞(2005.09.13)

 海外に住む日本人の選挙権が公職選挙法の規定で制限されているのは、「普通選挙の保障」などを定めた憲法に反するとして、在外邦人らが国を相手取り、選挙権があることの確認や損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が14日、最高裁大法廷(裁判長・町田顕長官)で言い渡される。

 1、2審はいずれも請求を退けたが、これまでの最高裁の審理経過などから、大法廷は公選法の規定を違憲と判断する可能性が高まっている。

 在外邦人の有権者数は推定約72万人(昨年10月現在)に上るだけに、判決が注目される。

 法律が違憲と判断された場合、最高裁としては、2002年の郵便法の規定を巡る違憲判決以来、戦後7件目になる。
 違憲の法律を改正しなかった立法不作為(怠慢)について国の賠償責任まで認めれば、最高裁では戦後初の判決となる。

     ・・・・・中略・・・・・

 大法廷は、新たな憲法問題を含むケースや判例を変更する必要がある場合に開かれる。
 複数の法曹関係者は「最初の回付で、在外邦人から選挙区選での選挙権を奪っている公選法の規定の合憲性が検討され、『違憲』の結論に至ったため、賠償請求についても、判例変更の是非を含め大法廷で審理する必要が生じたのだろう」と指摘している。

 11日に投開票が行われた衆院選でも、原告ら在外邦人は選挙区選に投票できなかった。
 違憲判決が出れば、次の国政選挙までに法改正が迫られることになる。

      ・・・・・裁判に時間がかかりすぎる!!・・・・・    
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-13 11:25

憲法にわくわく?

 ほぼ日刊イトイ新聞

 突然ですが……
 憲法と法律は、
 役割がまったく違うことをごぞんじでしょうか?

 
 法律は、国家が国民に対して
 「○○してはいけない」と命じるものです。

 
 反対に憲法は、国民が、
 「私たちの自由を邪魔しないでください」
 「私たちの権利を保障してください」と
 国家権力に対して歯止めをかけるものです。


 そう、向きが180度逆なんです。

 「天皇又は摂政及び
 国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
 この憲法を尊重し擁護する義務を負う」
 (日本国憲法99条)

 憲法を守る義務があるのは、国家権力を行使できる立場の人たち。
 ふつうの国民に憲法を守る義務はないと、
 この99条の条文には書いてあります。

 このことは
 憲法を少しでも専門的に勉強した人にとっては
 ごくごく当たり前の常識。
 でも、そうじゃないほとんどの人にとっては
 「そんなこと、学校で教えてくれなかった!」
 ことではないでしょうか?
 この本では、憲法についての、そんな
 「目からウロコが落ちること」ばかりを
 誰が読んでもわかりやすく解説しています。

 ・・・・・『日本国憲法の論点』著:伊藤 真 いまこそ、憲法を読もう。・・・・・
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-13 10:24
 衆議院議員の定数は、小選挙区300、比例区180の合計480議席である。

 投票した候補者が、小選挙区で当選するのはいい、あるいは落選しても納得できる。
 しかし、一票を投じるということは、当選させたくない候補者を選択するという意志をも持っているのではないだろうか?
 
 比例区の制度は、小選挙区で落選した候補者が、比例区で復活当選するという国民の意思を反映するというより、衆議院議員の地位を保証し、救済するために機能しているようにみうけられる。

 衆議院議員の救済制度のような比例区180議席を削減しよう!! 

 国民の意思が、ストレートに反映する小選挙区300議席を、衆議院議員の定数にしよう!!
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-12 13:23
民 主 党
 代表 岡田 克也

 第44回総選挙の結果、民主党は改選前議席を大きく割り込み、与党に敗北を喫しました。
ご支持、ご支援いただいた多くの国民のみなさまに深く感謝し、ご期待に応えることができなかったことをお詫びいたします。

 敗北の主因を一言で言えば、民主党が訴えた、年金、子育て、増税なき財政再建などを柱とするマニフェストが、一定のご支持をいただきながらも、広がりをもてなかったことにあると考えます。

 民主党が今回の選挙で敗北したとはいえ、小泉自民党、自公連立政権の矛盾が解消され、体質と政策が一新されるわけではありません。
 遠からず綻びは広がり、自公政権は行き詰まると確信致します。

 民主党は、この度の国民の審判を厳粛に受け止め、自らの力量不足を含め選挙戦を厳しく総括し、新しい体制のもとに全党を挙げて党の立て直しをはかり、次回の総選挙において政権交代に再挑戦致します。
 ご支持、ご支援いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 以上

     ・・・・・敗北宣言としては、こんなものなのかな?
                     ちょっと、よわよわしい感じ!!・・・・・
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-12 09:33
NIKKEI NET(2005.09.12)

 政権選択を争点とした第44回衆院総選挙は11日投票、即日開票された。
 自民党は小選挙区、比例代表とも圧勝し、公明党を合わせた与党で総議席の3 分の2(320議席)を超える327議席を獲得した。
 小泉純一郎首相(党総裁)の改革路線が信任された格好で、郵政民営化法案は今月下旬召集の特別国会で成立する見通し。
 首相の続投が固まり、来年9月末の党総裁任期の延長論も強まりそうだ。
 民主党は公示前の議席を大きく下回る惨敗で、岡田克也代表は辞任を表明した。

 自民は296議席で中曽根康弘首相時代の1986年衆参同日選の300議席には届かなかったものの、議席占有率は61.7%と、当時の 58.6%を上回る歴史的勝利。
 与党で衆院の総議席の3分の2を超えたことで参院で否決されても、あらゆる法案を成立させることが可能になった。

 自民が単独過半数を上回ったのは中選挙区制下で実施した90年の衆院選以来、15年ぶり。
 小選挙区比例代表並立制の下では初めてだ。

     ・・・・・あらゆる法案を成立させることが可能になった!!・・・・・
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-12 08:52
NIKKEI NET(2005.09.11)

 カネボウの粉飾決算事件で、同社の監査を担当した中央青山監査法人(東京)の公認会計士が粉飾に関与していた疑いのあることが10日、分かった。
 債務超過だった2002年3月期から2期の財務状況が健全であるかのように装った連結決算書の作成を承認したという。
 東京地検特捜部は、担当会計士の証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑での立件に向け、詰めの捜査を進めているもようだ。

 老舗企業の粉飾決算は、大手監査法人の所属会計士の刑事責任が問われる異例の事態に発展する見通しとなった。


              ・・・・・関与していないなら反論を!!・・・・・
                  
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-11 08:55

調理機器にアスベスト

WEB埼玉(2005.09.10)

 北本市は9日、市内の小学校5校と給食センターで、学校給食に使う調理釜など18機器にアスベストが断熱材として使用されていることが判明したと発表した。

 市は同日、約890万円の補正予算を議会で議決、当該機器の撤去と買い替えを行う。

 アスベスト調査は、市教委が文科省の指示に基づき7日に実施した。

 市内全小学校8校の調理室と中学校4校の給食を調理している給食センターを対象とした調査を機器メーカーに依頼したところ、1987年11月以前に製造された調理釜、焼き物機、揚げ物機にアスベストが使われていることが判明した。
 釜は二重構造で、アスベスト断熱材は調理員のやけど防止などのため、釜の内側に使用。
 釜の上部2カ所に排気口があり、そこからアスベストが飛散している可能性もあるため、使用を中止しシートで覆うとともに、大気中のアスベスト濃度の調査を行っている。

 小学校5校のうち、調理機器の全部またはほとんどが使えなくなった3校では7日から、パンと牛乳、機器を使わない献立にするなどで対応。
 12日からは給食を中止し、弁当を持参するよう保護者に通知した。
 機器の買い替えには1カ月ほどかかるという。

 月3900円の給食費は、牛乳分を除いて返還する。

 市教委は「食材や健康に直接的な影響はない。
 給食再開へ向け早急に対応する」としている。

 ・・・・・市教委はこのようなコメントをだして大丈夫なのか?
      (北本市小尾教育委員長、本当なのか?)・・・・・
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-10 17:17
小泉首相は、4年で240兆円の債務を増やした!!

 
 1日=24時間、1時間=60分、1分=60秒


  小泉首相は、4年間、毎秒毎秒190万円の債務を増やし続けた!

        ・・・・・これが、小泉首相の現実である。・・・・・
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-10 15:50
小泉首相は、4年で240兆円の債務を増やした!!

 
 1年365日、4年1460日


  小泉首相は、4年間、毎日毎日1600億円の債務を増やし続けた!

        ・・・・・これが、小泉首相の現実である。・・・・・
[PR]
# by nqk52550 | 2005-09-09 10:38